hometoolsuitexl_biz
エンジニア、研究者に必須の数値計算法の数々。Excelメニューから希望の計算プログラムを取り出して簡単に計算できます!
header6

■概要
 実験データの解析など、データ量が多いとコピー&ペーストなどの手作業で膨大な時間がかかり、作業の効率化が大きな課題になります。このプログラムでは、簡単なパラメータ操作で検索・マッチング処理を行い、短時間で複数データベースから必要データのみ選択・加工して目的にかなうデータ作成を可能にします。
例えば..
(1)元ファイルと検索対象ファイルの検索Key列を比較し、一致した場合、両データから指定関連データを抽出し、任意の組合せで合成データとして出力ファイル(または添付シート)に出力します。
(2)また、同様の処理を複数のファイルについてバッチ的に1度に大量に行うことができ、データ処理能力を大幅にアップできます。
(3)膨大で複雑な手作業データ処理を、簡単なパラメータ操作で目的に合わせてカスタマイズでき、高速に目的のデータを作成することができます。


draw_8-1-1

■応用例
(1)大量の複数データファイルを1ファイルにまとめる。  
(例) 毎日作成データの経時変化や統計解析用データ作成
(2)複数のデータから任意項目を抽出、組換えたデータファイルに変更する。  
(例) 目的別グラフ作成のためのデータ列連続作成)
(3)特定データ内の変化、重複の抽出。
(例) 大容量データの変化チェック、抽出、目的別データに再編成)


■プログラム処理内容

1)検索対象ファイルと2)検索元ファイルのKey列データを比較し、一致したデータのうち抜出し列として指定した列のみ両者抽出し、合成データを作成します。

draw_8-1-2■プログラム実行とデータ入力要領

※データは、FileまたはExcelシートどちらかを選択できます。
※データ入力は設定フォームまたはExcelシートフォームに直接入力できます。
※Excelシートの抜出し列指定は、カンマ区切りで連続区間との組合せで順番も指定できます。
(G-J, Z-AB, D,F など)
※一度作成したデータ条件は、SaveボタンでSaveされ、後で必要な時に呼び出し利用できます。

draw_8-1-4


■プログラム処理具体例


※データファイルはExcelファイルを使用します。
※データ量最大は、Excel2003で65000、Excel2007-2010で100万。データファイル数1万まで可能です。
※処理時間は、下図のような典型的なデータ検索・抽出・編成処理を行う場合、1万データで1〜数分程度です。(PC性能、処理内容に依ります)


draw_8-1-3

検索元ファイルから検索対象ファイルへのデータ検索において、1個の検索データに対してマッチ数が複数ある場合、マッチしたデータ全件表示します。(修正改訂)

draw_8-1-3-1

検索元ファイルから、検索対象ファイルのデータ検索において、検索キー項目を複数指定することができます。(追加改訂)

draw_8-1-3-2

※複数データFileを連続でバッチ的に処理する場合は、下図のように設定シート上に入出力File名、シート名を直接ペーストして計算スタートできます。
結果は、順番にFile保存され、あるいはWorkシート上にAppend出力されます。

draw_8-1-5


※File連続処理データを各ファイルとともに1枚のワークシートにAppend形式で出力する場合は、以下のような指定、出力形になります。


draw_8-1-6


baner_5-2

SUITEXLの内容 
■概要
■メニュー/使い方

■プログラム
関数フィッティング
 多項式近似曲線
 多項式近似曲面 (改)
 非線形関数

積分/表面積・体積
 関数の積分
 回転体の側面積・体積
・線分長さ

 重積分(モンテカルロ法)
 表面積計算(3D要素分割)

方程式の解
 連立1次方程式
 非線形方程式(1変数)
 1階常微分方程式
 連立微分方程式
・高階微分方程式


ベクトル解析
 行列計算1
(行列式/逆行列/積)

 行列計算2
(固有値/固有ベクトル)

 3D座標変換
 3D関数

フーリエ解析
スペクトル解析
偏微分方程式解へ応用
@(熱伝導解析)

A(弦の振動解析)
B(梁の振動解析)
C梁のImpulse加振モード解析)
Dラプラス変換へ応用

統計解析
 ヒストグラム作成(複数)
 正規性の検定
 相関分析(無相関検定)
 区間推定
(母平均/比率)

 仮説の検定
(母平均/母比率/適合度)

 差の検定
(母平均/母比率/等分散性)

ノンパラメトリック検定
 (Wilcoxon検定)
ノンパラメトリック順位相関 
 (Spearman / Kendall )

 順列・組合せ
 重回帰分析

タグチメソッド
 静特性(望目/望小/望大)
 動特性

Fileデータ処理
データ検索・抽出・編成
Outlook mailデータ取出しNew

シミュレーション
BEM_梁曲げ解析
Potential問題解析




■動作環境

■作者プロフィール

■特定商取引法に基づく表示

■個人情報保護方針